フルオートについて

上位常連に学ぶシストレ24フルオートの秘訣

更新日:

以前、僕はインヴァスト証券のシストレ24フルオートという選択型のシストレで運用をしていた。

結果としては見事にロスカットされてしまったのだが・・・ふと、あの運用今も続けてたらどうなってたのだろう?という疑問が。




ざっとしたおさらい:シストレ24フルオートとは

インヴァスト証券が提供する、選択型シストレ(ミラートレーダー)

提供されているストラテジー(自動売買プログラム)の選択条件を指定することで、売買だけでなくストラテジーの選択までも自動化するというもの。

寝てても年間収益率120%!?インヴァスト証券『シストレ24フルオート』が凄い

自動で収益を稼ぎ出してくれる機構として、以前より稼働しているリピート系注文に続きシストレ24フルオートを新年よりスタート! その概要と魅力についてお伝えしていきたい。 シストレ24とは? インヴァスト ...

 

もしあのまま稼働していたら・・・

過去に運用していた、金の卵トップ1実現T50

過去シミュレーション画面では過去6ヶ月の成績しか確認できないので6月-10月期は不明だが、11-4月期の成績はマイナス。

やはりフルオートでも長期に渡って好成績を維持するのは難しいのか・・・?

 

俺のフルオート上位常連の存在

ところが過去の『俺のフルオート』を見ていると、かつての上位が姿を消すなど栄枯盛衰の気配を感じる一方で過去の受賞者で今も優秀な成績を収めているフルオートが存在する。

※俺のフルオート:ユーザーが独自のフルオート設定を応募し、運用成績を競うイベント。

 

※2018年4月末調べ

上記は、過去の『俺のフルオート』入賞者で今も好成績を収めているフルオート。

例えば第二回で上位ということは、少なくとも2年に渡ってハイパフォーマンスを出していることになる。

また、直近では2016年の最優秀フルオートbest invast label_2016も勢いを取り戻し、第五回俺のフルオートに入賞しそうな気配を見せている。

 

参考:過去の俺のフルオート開催期間

第一回:2016年11月21日 ~ 12月16日

第二回:2017年4月1日 ~ 2017年5月26日

第三回:2017年8月7日 ~ 2017年9月29日

第四回:2017年11月18日 ~ 2017年12月15日

第五回:2018年2月17日 ~ 2018年4月30日

 

これらに共通するものは何か?

では、気になってくるのはこれら勝ち続けているフルオートに共通するものは何か。

例えば、『加仏英円_初心者一発↑1実』『Pepperony 24』は設定が似ていて、ステータス条件が『初心者,一発,トレーデンシー(AND検索)』となっている。

結果として、2017年9月に『TidalWave』というストラテジが選ばれ、爆発的な利益を上げている。

※ステータス:ストラテジーの特徴・成績などから付与されるタグ。これを基にフルオートがストラテジーを選択する。
初心者:成績が右肩上がり、かつ運用実績が長いもの。

一発:大きな利益を上げるタイプのもの。
トレーデンシー:トレーデンシー社が提供するもの。

他のフルオートを見てみると、頻繁に登場するステータスは『金の卵』『一発』『好調』『ベテラン』『利益更新』『連勝更新』など。

『初心者』=『金の卵かつベテラン』なので、まとめて言えば、勢いがあって実績の長いストラテジーが安定して強い、といったところか。

※金の卵:6ヶ月間成績が右肩上がりのもの
ベテラン:運用実績が長いもの

 

上記に基いて弄ってみたところまあまあ良好なバックテスト結果が得られた。

とは言え、組み合わせれば必ず良いという訳でもなく、カーブフィットと言われればそれまでなのだが。

※カーブフィット:「今後も優秀な結果を出せるシステムを目指す」のではなく、「バックテストで最適化」されるように設定を調整すること。

 

まとめ

・フルオートでも勝ち続けることは難しいが、優秀なフルオートならば一度沈んでも再浮上できる

・鍵となるステータスは『金の卵』『一発』『好調』『ベテラン』『利益更新』『連勝更新』か?

・必要証拠金に余裕を持って、粘り強く戦うことが重要?

 

シストレ24フルオートで、目指せ完全自動収益!

インヴァスト証券

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-フルオートについて

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2018 All Rights Reserved.