フルオート-運用実績

シストレ24フルオート、ついにロスカット発動!稼働からここまでを振り返る。

更新日:

2017年1月より稼働してきたシストレ24フルオート

先日の失われた利益で復活の気配を感じたようにも思えたが、今週ついにロスカットとなってしまった。

シストレ24フルオート、失われた利益。2017年5月は爆益だった・・・?

5ヶ月ちょっと、合計23週間の運用を振り返ってみたい。




ロスカットのお知らせ

覚悟はしていても、こういうメールを見た瞬間って大概心臓が縮むものなのだが、今回に関してはすごく自然に受け入れられた。

むしろ、どこか少しほっとしたような感じさえある。

・・・通知切っていたとは言え100通以上もアラートメール来れば耐性は付くか。

 

ロスカット後に残ったもの

TidalWaveの含み益が決済され、30万円を回復。

50万円で運用を開始したフルオートは326,164円での終了となった。

-173,836円、-34.76%である。

 

証拠金の推移

各週末時点での証拠金状況をグラフにするとこのような形になる。1月は絶好調、2月に倍返し、その後は横這い・・・。

右端に伸びている赤い線は発注されなかった幻影を含めたら・・・という妄想。(下記記事参照。)

もし赤い線を拾えていたら、この先でプラスに転じていたかもしれない。少なくとも2月の負けが無ければ結果はプラスだった。

シストレ24フルオート、失われた利益。2017年5月は爆益だった・・・?

 

そして2月のボロ負けはというと、そう、MultiAgent

2016年最優秀ストラテジー、MultiAgent(GBP/JPY)とは何者なのか。

このMultiAgent、一時は金の卵ステータスが外れたものの、現在は再点灯しており金の卵トップ1実現T50に選ばれる可能性がある。

これをどう捉えるかは難しいところだが・・・考えさせられる。

 

まとめ

2月の惨敗の印象が強く、ずっと残念な印象を受けていたのだが改めて振り返ってみるとどうだろう

もし運用開始が12月だったら今頃プラスになっている計算である。

今回はロスカットという結果になったが、どこか一つ違っていたら全く違う結果になっていたかもしれない。振り返って改めて、可能性を感じさせるような・・・?

今後も未練がましく月イチ程度にウォッチしよう。

 

誰か仇を討ちませんか?

僕はロスカットされてしまったけど、選んだフルオートが違ったら、開始時期が違ったら、その結果は全く違っていたかもしれない。

俺のフルオートの登場により、僕が運用していた金の卵トップ1実現T50よりも高いパフォーマンスを発揮するものも登場している。一つ可能性を試してみては如何だろうか。

あ、でもお約束ながら投資は自己責任で。

インヴァスト証券


寝てても年間収益率120%のシストレ24フルオートが凄い

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気記事

1

ループイフダン、トライオート、トラリピ・・・ 一言にリピート系注文と言っても各社色々なサービスを提供しているが、結局どのサービスが優れているのか。 各のサービスを比較する為の観点と、それぞれのスペック ...

2

2017年1月から僕が運用を始めたシストレ24フルオート。 実はフルオート搭載前のシストレ24は僕が初めて手を出したFXであり、そして大敗を喫した苦い思い出でもある。 とはいえ、これはシストレ24(と ...

3

自動で収益を稼ぎ出してくれる機構として、以前より稼働しているリピート系注文に続きシストレ24フルオートを新年よりスタート! その概要と魅力についてお伝えしていきたい。     シス ...

4

巷で話題のロボアドバイザー。 自動で運用してくれるのは魅力的だけど、どれも同じように見えて結局どれがいいのか分からない・・・ そんな悩みを持っている方は多いのではないだろうか。 大手どころのWealt ...

5

当ブログで紹介している自動売買、インヴァスト証券のトライオート。 FXのリピート系運用として紹介しているのだが、そのETF版であるトライオートETFの魅力について解説していきたい。 トライオートETF ...

-フルオート-運用実績

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2019 All Rights Reserved.