フルオートについて

僕がシストレ24で大失敗した話とその教訓。

更新日:

2017年1月から僕が運用を始めたシストレ24フルオート。

実はフルオート搭載前のシストレ24は僕が初めて手を出したFXであり、そして大敗を喫した苦い思い出でもある。

とはいえ、これはシストレ24(というか、FXそのもの)を良く分かっていない故に犯した過ちであり、シストレ24そのものが悪い訳ではない

自らへの戒めと共に、自分自身とこのブログを見て頂いている皆様が同じ轍を踏むことのないよう、恥ずかしい過去を書いていきたい。




シストレ24とは?

インヴァスト証券が提供しているストラテジー選択型のシストレ。いわゆるミラートレーダー。

無料で提供されているストラテジー(運用プログラム)を選択・組み合わせることで自動売買を行ってくれるサービス。

他社のミラートレーダーとの差別化ポイントは、圧倒的にストラテジーが豊富なこととインターフェースが整備されており、初心者でも扱いやすいという点。

概要
寝てても年間収益率120%!?インヴァスト証券『シストレ24フルオート』が凄い

自動で収益を稼ぎ出してくれる機構として、以前より稼働しているリピート系注文に続きシストレ24フルオートを新年よりスタート! その概要と魅力についてお伝えしていきたい。 シストレ24とは? インヴァスト ...

 

失敗その1 過去の栄光に縋る

僕がシストレ24を始めたのは、2015年の夏頃。

その頃巷に溢れていたのは、『ThirdBrainFX(AUD/JPY)』が凄いという情報。

2011年の稼働開始以来ズバ抜けた成績を叩き出し、シストレ24について調べると猫も杓子もThirdBrainFX状態。ThirdBrainFXのAUDJPYとEURJPYでポートフォリオ!みたいなことをしていた人も多かったように思う。

しかし実体としては、2013年6月頃をピークにその後は右肩下がりの成績。言ってしまえば2015年時点では既にオワコン化していたのだが、当時は『今はちょっと不調なだけ。すぐに取り戻す。』みたいな風潮が蔓延していた。

実際、僕自身もThirdBrainFXをポートフォリオから外すことが出来ず、まあまあ損失を出すと共に他のストラテジーを入れる余力を失っていた

その点、フルオートはこういった感情に縛られずにストラテジーを選んでくれる。一度離れたシストレ24を再開したのにはこの点が大きい。

 

失敗その2 過剰にストラテジーを稼働

シストレ24フルオート、いくらから運用できるの?でも触れているが、シストレ24には各ストラテジー毎に推奨証拠金が定められている。

例えば100万円で運用する場合、稼働するストラテジーの推奨証拠金合計は100%以下に抑えることが望ましいのだが、それでは物足りず、ついもっと攻めて利益を求めようとしてしまう。

 

シストレ24の証拠金メーター。これが100を超えると証拠金に対してリスクを取り過ぎ(ストラテジー過剰稼働)だと示してくれるのだが、僕は120~130近くまでストラテジーを稼働していた。

結果、本来許容できるリスクですらダメージが大きくなり、余計に証拠金が少なくなり、それでも損失を取り返そうとストラテジーは減らせず・・・という、高レバレッジの悪循環の見本みたいな状況になっていた。

 

失敗その3 シストレなのに手動で色々やる

3-1 ジョイントレード

シストレ24には、『ジョイントレード』という機能がある。

簡単に言うと、ストラテジーが現在保有しているポジションに乗っかって買い増し、決済はストラテジーに任せるという、便乗トレード。

使いこなせば利益を伸ばせる機能ではあるのだが、何せ当時の僕はド素人。(今も大差ないかもしれないが。)

「このポジション含み損出してるから、今乗っかれば利益伸びるんじゃね?」という逆張り・ナンピンの悪い見本みたいな状況に。

しかも同時に無自覚のポジポジ病を発症していた。シストレ24はそのコストをスプレッドで賄っている為、何もここでやらんでも・・・という事さえ分かっていなかった

 

3-2 手動決済

更にこれに加えて、利益がまあまあ乗ってくるとすぐ手動で利食いしてしまったり、含み損が怖くてすぐ損切りしたり・・・

結果、伸びるべく利益を逃したり、取り戻せた含み損を切ってしまったり。ちなみに、何の根拠もなかった。

その判断ができないからシストレやってるはずなのに、本末転倒。今思えば、なら裁量やってろよって話。

 

割とこの二点が致命傷だった。

 

失敗を重ねた結果・・・

僅か1ヶ月で資金を100万円から50万円に減らし、華麗にシストレ24から退場

だが見ての通り、素人が色々余計なことをしまくったせいであり、シストレ24自体が

この後また50万円を追加し、裁量トレードでやられるのだが、それはまた別の話。

 

まとめ・教訓

・過去の噂ではなく、現在のデータを客観的に分析する → フルオートで自動化

・資金に見合った運用を → フルオートで自動化

・シストレならシストレらしく、全てを委ねる → 数量増減・手動決済を行わない

僕の失敗ってフルオートなら解決できるのでは?

そう考え、僕はシストレ24フルオートを選んだ。

インヴァスト証券

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-フルオートについて

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2018 All Rights Reserved.