リピート系注文について

トライオート、豪ドル円(AUD/JPY)両建てリピートの設定内容はこれ!

更新日:

先日開始した、インヴァスト証券 トライオートでの豪ドル円(AUD/JPY)運用。

以下の記事で豪ドル円・インヴァスト証券のトライオートを選択した理由について触れたが、この記事ではその具体的な設定内容を書いていきたい。

僕がトライオートで豪ドル円(AUD/JPY)両建てリピートを運用開始した理由




設定内容

通貨ペア:豪ドル円
注文間隔:100pips
利食い幅:100pips
買い注文レンジ:45円~100円(99円での買いが上限)
売り注文レンジ:55円~110円(56円での売りが下限)
損切り:なし

つまり、豪ドル円・両建て・レンジずらし、100pips間隔という内容。※レンジずらしについては以下を参照。

両建てリピートを効率的に!応用その1「レンジずらし」

 

さて上記注文だが、トライオートで言うとちょっと表現が異なる。以下にトライオートにおける設定と、記事末尾に画像でも掲載しているのでご参考に。

フォロー・カウンターなど独特の概念があるので、以下の記事も参考にして頂きたい。

インヴァスト証券『トライオート』。その特徴とリピート設定方法。

 

トライオート風に言い換えると・・・

【買い注文】
通貨ペア:AUD/JPY
売買方針:買い
想定レンジ幅:4,500pips
注文本数:45 ※1
取引額:任意
初回注文価格:55.000 ※2
フォロー値:なし
カウンター値:-100pips ※3
カウンター固定:有 ※4
利確幅:100pips
損切り幅:指定なし
セーフティ設定:なし

※1 4500pips/45 = 注文間隔
※2 注文下限。55.000から上方向(買いの場合)に4,500pips。
※3 次の注文を利食いから-100pipsの位置に指定する設定。
※4 スリッページや窓で注文がズレても、次の注文は元と同じ位置(.000)に固定する為の設定。

 

【売り注文】
通貨ペア:AUD/JPY
売買方針:売り
想定レンジ幅:4,500pips
注文本数:45
取引額:任意
初回注文価格:110.000 ※1
フォロー値:なし
カウンター値:100pips ※2
カウンター固定:有
利確幅:100pips
損切り幅:指定なし
セーフティ設定:なし

※1 売り注文の場合は、注文上限。
※2 売りの場合はプラスマイナス逆転し、+100pipsとなる。

 

取引数量、資金

さて肝心の取引数量と運用資金だが、今回の想定レンジで最大の含み損を耐えるには1,000通貨あたり約120万円の資金が必要になってくる。

とはいえ、これはあくまでスタート→55円→110円と想定されるレンジを往復した場合の話。何も当初から全額の資金を用意する必要はない。

リピート系注文の運用資金、いくらで始められる?最初から全力でなくても大丈夫。

上記記事でも触れているように、向こう1年くらいの目安資金は70万円程度(これでも余裕がありそう?)

今回、取り急ぎ100万円ちょっとの資金があったので取引数量は2,000通貨とした。順次増資しながら、ある程度増えた時点で取引数量も増やしていきたい。

一先ずの目標は1,200万円・1万通貨運用でのコストダウン!(取引数量1万通貨単位から手数料が4.0pips→2.0pipsになる。)

 

ちなみに発注後の設定変更も簡単

僕のように発注数量を後で変更する予定があるなら、イチイチ発注をし直さなくてもトライオートのホーム画面から設定の変更ができる。

画像は買い:55円の注文の変更ボタンを押下した状態。(画像右側にある黄色は56円の注文の変更ボタン)

 

発注分の資金拘束に注意

今回、僕は初っ端から買い55円~100円、売り65円~110円の全レンジの注文を発注している。

これは注意が必要な点で、トライオートの場合注文を発注した時点で資金が拘束されるので、発注時点で162,000円/1,000通貨の証拠金が拘束されている。

そこを失念するとロスカットの計算なども狂うので要注意。

対策としては、買い注文であれば55円~65円、65円~90円、90円~100円などに分割し、最初は真ん中だけ稼働するという方法も一つ。売りも同様。

(トライオートのレンジ追尾における『パーツ』と似た考えである。)

 

注文設定参考画像

買い注文

 

売り注文

 

トライオートの口座開設はこちらから

リピート系証券会社は数あれど、注文の自由度とコストの兼ね合いから僕が選んだのはインヴァスト証券 トライオート

トライオート

インヴァスト証券『トライオート』その特徴と発注方法まとめ【リピート系注文徹底比較】

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気記事

1

ループイフダン、トライオート、トラリピ・・・ 一言にリピート系注文と言っても各社色々なサービスを提供しているが、結局どのサービスが優れているのか。 各のサービスを比較する為の観点と、それぞれのスペック ...

2

2017年1月から僕が運用を始めたシストレ24フルオート。 実はフルオート搭載前のシストレ24は僕が初めて手を出したFXであり、そして大敗を喫した苦い思い出でもある。 とはいえ、これはシストレ24(と ...

3

自動で収益を稼ぎ出してくれる機構として、以前より稼働しているリピート系注文に続きシストレ24フルオートを新年よりスタート! その概要と魅力についてお伝えしていきたい。     シス ...

4

巷で話題のロボアドバイザー。 自動で運用してくれるのは魅力的だけど、どれも同じように見えて結局どれがいいのか分からない・・・ そんな悩みを持っている方は多いのではないだろうか。 大手どころのWealt ...

5

当ブログで紹介している自動売買、インヴァスト証券のトライオート。 FXのリピート系運用として紹介しているのだが、そのETF版であるトライオートETFの魅力について解説していきたい。 トライオートETF ...

-リピート系注文について
-

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2019 All Rights Reserved.