リピート系注文-運用実績

リピート注文運用実績、ユーロ円と豪ドル円、どうして差が付いたのか・・・【2018年5月実績】

投稿日:

2017年7月より運用開始した、インヴァスト証券のトライオートでのリピート注文運用。

2018年1月から一度資金などをリセットしてリスタートし、新章の第5ヶ月目。

先月の記事
リピート注文運用実績、控えめな一ヶ月。【2018年4月実績】

2017年7月より運用開始した、インヴァスト証券のトライオートでのリピート注文運用。 2018年1月から一度資金などをリセットしてリスタートし、新章の第4ヶ月目。 運用内容について 運用しているのは以 ...




運用内容について

運用しているのは以下の2通貨ペア。

豪ドル円(AUD/JPY)両建てリピート(100pips間隔) × 1,000通貨
ユーロ円(EUR/JPY)両建てリピート(100pips間隔) × 1,000通貨

詳細な注文内容などは以下の記事にまとめているので、参照頂きたい。(ユーロ円は未だに追記できていない。)

僕がトライオートで豪ドル円(AUD/JPY)両建てリピートを運用開始した理由

トライオート、豪ドル円(AUD/JPY)両建てリピートの設定内容はこれ!

 

豪ドル円・ユーロ円の1ヶ月の動き

豪ドル円(AUD/JPY)4時間足

先月と比べて値幅はあまり変わらないが遥かにギザギザしている。

リピート系注文においては好ましい動き方・・・だが、目視だと約定回数はせいぜい5回といったところだろうか。

 

ユーロ円(EUR/JPY)4時間足

一件すると平たい動きに見えるが、130円-131円間を往復しているので1円幅のリピート的には嬉しい!

目視すると12-13回くらいのリピートだろうか。

.000円に指値を入れておくのは心理的な面もあるが、非常に分かり易いというのが魅力である。

 

約定状況

豪ドル円(AUD/JPY)

はい。5件。

先月よりは多いが、まだまだ不足。

 

ユーロ円(EUR/JPY)4時間足

一方こちらは13件!

2月18件という圧倒的な件数だったので、それと比べると見劣りはするが・・・このくらいが続くと嬉しいね。

 

今月のまとめ

決済損益:+18,000(+11,000円)
累計決済損益:+76,000円(+18,000円)
累計評価損益:-87,392円 (-39,396円)
累計スワップ:+292円(+82円)
累計総損益:-11,100円(-21,315円)
累計実現損益:+58,211円
(+7,086円)

約定は非常に順調だった一方で含み損は膨らみ、結果としてトータルの損益はマイナスに再突入。

リピート系における含み損は最初から予定されているものなので、全然許容範囲!

リピート系注文おすすめFX会社!

ループイフダン・トライオート・トラリピを徹底比較!リピート系注文おすすめ口座は?

アイネット証券『ループイフダン』

外付け手数料なし!通貨ペアと値幅を選ぶだけの簡単設定!

とにかく低コストで・手軽にリピート系運用ができるFX会社。

2018年3月に通貨ペア・値幅が追加され、更に自由度が高まった。今リピート運用するなら、イチオシのFX会社!

シストレi-NET

アイネット証券『ループイフダン』の特徴とおすすめポイント。コスト最安!【リピート系注文徹底比較】

 

インヴァスト証券『トライオート』

割安な手数料と高いカスタマイズ性。

ちょっと仕組みは複雑だが、理解してしまえば柔軟性は抜群。レンジをしっかり想定するなど、思い通りの注文を作りたいならここ!カスタマイズ性が魅力で、僕はここを利用している。

1万通貨単位以上の大口だと更に手数料が割安に。

リピートだけでなくマニュアル注文においても高いスペックを誇り、ハイブリッド口座としても非常に優秀。

トライオート

インヴァスト証券『トライオート』その特徴と発注方法まとめ【リピート系注文徹底比較】

 

マネースクエア『トラリピ』

高い柔軟性と圧倒的な使いやすさ。

コストの高さは否めないが、リピート系注文の元祖だけあってサービスの完成度は非常に高い。

2018年6月30日までに発注したトラリピは手数料が当面無料になるキャンペーン中!

マネースクエア

マネースクエア『トラリピ』特徴と2通りの発注方法まとめ【リピート系注文徹底比較】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-リピート系注文-運用実績

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2018 All Rights Reserved.