リピート系注文について

両建てリピートにおけるレンジずらし、必要資金計算【クロス円編】

更新日:

リピート系注文において(特に両建するならば)長期の運用が前提となり、含み損の発生は必然。

そして長期運用となるならば、想定レンジは広めにとるに越したことはない。

とは言えドル円を140円で買ったり、80円で売ったりすることが得策とは思えない。

そんな訳で、20年間のレンジを基に全体のレンジ幅・売買別のレンジ幅を考えていきたいと思う。半ば独断と偏見も含むよ。

なお、タイトルに両建てリピートと冠したが別に両建てに限った話ではない。

実際の資金効率計算は:両建てリピートにおけるレンジずらし、資金効率は如何ほどに。【クロス円編】

両建てリピートを効率的に!応用その1「レンジずらし」




前提・算出方法

全体レンジ幅

過去の記事と同様だが、原則として過去20年間の最大値-最低値をレンジとする。

5円刻み程度に、長すぎるヒゲは甘めに。つまりフィーリング。

 

売買別レンジ幅

過去20年間のレンジが2段階的になっている場合には中段レンジを節目とする。(ドル円など)

上下均等に分布していない場合は、狭い方を優先する。(カナダドル円など)

詳細は個別に。

 

必要資金の算出

以下の記事に基いて算出。

必要資金はいくら?リピート系注文における下落幅と含み損の早見表。

 

ドル円

全体レンジ:75円~145円
買レンジ:75円~125円
売レンジ:95円~145円

上は125円あたり、下は100円あたりに抵抗帯があるように見えるが、削り幅を均一にする為上下20円削りとした。

以下の通貨ペアにおいても、上下の削り幅は等しくなるように調整する。

(全体レンジ上限-買レンジ上限=売レンジ下限-全体レンジ下限)

 

必要資金

 

ユーロ円

全体レンジ:90円~170円
買レンジ:90円~150円
売レンジ:110円~170円

上は140円台に抵抗を感じるので、直近高値150円を軸にレンジ上下20円幅ずつ削った。

直近3年間のレンジに相当するので、悪くはなさそうだ。

 

必要資金

 

豪ドル円

全体レンジ:55円~110円
買レンジ:55円~100円
売レンジ:65円~110円

100円付近に抵抗があるのを踏まえ、上下10円削りで押し通した。

必要資金

 

NZドル円

全体レンジ:40円~95円
買レンジ:40円~85円
売レンジ:50円~95円

85円辺りに抵抗感があったので、豪ドル円と同じく10円削り。

迷ったら10円削りでいい気がしてくる。

 

必要資金

 

ポンド円

全体レンジ:115円~250円
買レンジ:115円~240円
売レンジ:125円~250円

節目らしい節目・・・200円を抵抗と見做したところで上下非対称になってしまうので、迷ったら10円削り。

 

必要資金

 

カナダドル円

全体レンジ:65円~125円
買レンジ:65円~115円
売レンジ:75円~125円

上下非対称なので難しいところだが、10円削りでドン。

 

必要資金

 

スイスフラン円

全体レンジ:70円~145円
買レンジ:70円~135円
売レンジ:80円~145円

そもそもスイスフランショックをどう設定するかだが・・・ショック後に135円で反転したのを考慮し、ターゲットを合わせて10円削り。

 

必要資金

 

まとめ

レンジ幅を10円削ることで、必要資金を約2割抑えることが出来る。※買いレンジの上側・売りレンジの下側を減らした場合。

次回の記事では、これによる利食い回数の減少を考慮して資金効率が上がるのか下がるのか。また、最も効率が高い通貨ペアは入れ替わるのか?をまとめていきたい。

リピート系注文、最も資金効率の高い通貨ペアは?【クロス円編】

 

 

リピート系注文おすすめFX会社!

外付け手数料なし!通貨ペアと値幅を選ぶだけの簡単設定!

とにかく低コストで・手軽にリピート系運用ができる『ループイフダン』がおすすめ。

2018年3月に通貨ペア・値幅が追加され、更に自由度が高まった。今リピート運用するなら、イチオシのFX会社!

 

更に、今このサイトから口座開設・10万円以上の入金をすると『ゼンマイ仕掛けの理想郷』オリジナルレポートをプレゼント!詳細はこちら

アイネット証券_タイアップ

【コスト最安】『ループイフダン』の特徴とおすすめポイント【リピート系注文徹底比較】

 

リピート系注文おすすめ口座は?ループイフダン・トライオート・トラリピを徹底比較!

ループイフダン、トライオート、トラリピ・・・ 一言にリピート系注文と言っても各社色々なサービスを提供しているが、結局どのサービスが優れているのか。 各のサービスを比較する為の観点と、それぞれのスペック ...

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

人気記事

1

ループイフダン、トライオート、トラリピ・・・ 一言にリピート系注文と言っても各社色々なサービスを提供しているが、結局どのサービスが優れているのか。 各のサービスを比較する為の観点と、それぞれのスペック ...

2

2017年1月から僕が運用を始めたシストレ24フルオート。 実はフルオート搭載前のシストレ24は僕が初めて手を出したFXであり、そして大敗を喫した苦い思い出でもある。 とはいえ、これはシストレ24(と ...

3

自動で収益を稼ぎ出してくれる機構として、以前より稼働しているリピート系注文に続きシストレ24フルオートを新年よりスタート! その概要と魅力についてお伝えしていきたい。     シス ...

4

巷で話題のロボアドバイザー。 自動で運用してくれるのは魅力的だけど、どれも同じように見えて結局どれがいいのか分からない・・・ そんな悩みを持っている方は多いのではないだろうか。 大手どころのWealt ...

5

当ブログで紹介している自動売買、インヴァスト証券のトライオート。 FXのリピート系運用として紹介しているのだが、そのETF版であるトライオートETFの魅力について解説していきたい。 トライオートETF ...

-リピート系注文について
-

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2019 All Rights Reserved.