リピート系注文-バックテスト

リピート系注文、最も資金効率の高い通貨ペアは?【クロス円編】

更新日:

ここまでの記事で、リピート系注文各通貨ペア別の注文間隔比較を行ってきた。

リピート系注文における最も効率的な注文間隔は?【USD/JPY編】

リピート系注文における最も効率的な注文間隔は?【EUR/JPY編】

リピート系注文における最も効率的な注文間隔は?【AUD、NZD、GBP、CAD、CHF/JPY編】

今回はその総集編、どの通貨ペア・間隔が最も資金効率に優れているのか。(クロス円編)

なお、詳細な結果については上記各記事を確認頂きたい。




前提条件

今までの記事の総集編なので、全て同じ条件ではあるがおさらい。

1.想定レンジは過去20年間の最大-最低とする。

2.売買のレンジを分けることはなく、最大範囲に注文を入れるものとする。

3.上記に必要な証拠金を基に、資金効率を以て優劣を判断するものとする。

4.注文間隔=利食い間隔として扱う。

5.スプレッドは以下の通り

 

スプレッド一覧

 

結果

 

豪ドル/円(AUD/JPY)が最優秀!

1位 AUD/JPY
2位 NZD/JPY
3位 CAD/JPY
4位 EUR/JPY
5位 GBP/JPY
6位 USD/JPY
7位 CHF/JPY

過去20年間最大レンジにべた貼り、という条件下においてはAUD/JPYが最も資金効率に優れているという結果に。幅で言うと50pips間隔が最もハイスコア。

USD/JPYの実に2.65倍。

そしてUSD/JPYは6位とかなり残念な位置に。USD/JPYでリピートしようと考えていた僕にとって衝撃的な結果であった。

リピート回数もさることながら、レンジの狭さ=必要証拠金の少なさも大きなポイントだろう。

なお、単純なリピート回数で言うと最多はGBP/JPY、次いでEUR/JPY

 

次回予告?

今回のシミュレーション結果、何度も申し上げている通り過去20年間のレンジ全てにベタ貼りしたら・・・という想定である。

では、以前の記事で申し上げたような『USD/JPY、買いは75-125、売りは95-145』などのように売買のレンジを変えて実施した場合はどうなるのか・・・?

更新したよ

両建てリピートにおけるレンジずらし、資金効率は如何ほどに。【クロス円編】

レンジずらしにより、その資金効率は更に高まる。

 

豪ドルリピートでウハウハ?

どうやら最強らしいAUD/JPY-50pips間隔

1,000通貨運用ならループイフダン

AUD/JPYのスプレッドは4.0pips

1万通貨未満で運用するならば、マネパを除いてコスト最安!

 

更に、今このサイトから口座開設・10万円以上の入金をすると『ゼンマイ仕掛けの理想郷』限定オリジナルレポートをプレゼント!詳細はこちら

口座開設はこちら!

アイネット証券_タイアップ

リピート系注文におけるコストの重要性:どの程度利益に影響を与えるのか。

 

1万通貨以上・レンジずらしならトライオート!

トライオート

1万通貨以上で2.6pips、10万通貨以上なら1.6pipsと逆転。

大口や、増資をしながらの運用を考えるならトライオートか!?

インヴァスト証券『トライオート』。その特徴とリピート設定方法。

 

スポンサーリンク

人気記事

1

ループイフダン、トライオート、トラリピ・・・ 一言にリピート系注文と言っても各社色々なサービスを提供しているが、結局どのサービスが優れているのか。 各のサービスを比較する為の観点と、それぞれのスペック ...

2

2017年1月から僕が運用を始めたシストレ24フルオート。 実はフルオート搭載前のシストレ24は僕が初めて手を出したFXであり、そして大敗を喫した苦い思い出でもある。 とはいえ、これはシストレ24(と ...

3

自動で収益を稼ぎ出してくれる機構として、以前より稼働しているリピート系注文に続きシストレ24フルオートを新年よりスタート! その概要と魅力についてお伝えしていきたい。 シストレ24とは? インヴァスト ...

4

巷で話題のロボアドバイザー。 自動で運用してくれるのは魅力的だけど、どれも同じように見えて結局どれがいいのか分からない・・・ そんな悩みを持っている方は多いのではないだろうか。 大手どころのWealt ...

-リピート系注文-バックテスト

Copyright© ゼンマイ仕掛けの理想郷 , 2018 All Rights Reserved.