リピート系注文について

両建てリピートにおけるレンジずらし、必要資金計算【クロス円編】

リピート系注文において(特に両建するならば)長期の運用が前提となり、含み損の発生は必然。 そして長期運用となるならば、想定レンジは広めにとるに越したことはない。 とは言えドル円を140円で買ったり、8 ...

逃した魚は大きいぞ。南アランドトラリピの行方。

さて、最近すっかり報告をしていなかった南アランドトラリピ。 ゴーダン騒動で乱高下し、さぞかしガポガポ稼いだとお思いだろう。 実は・・・騒動直前に停止しちゃったんだよね。 これがスワップ目当てのバイ&a ...

両建てリピート応用その3!「三すくみ」で利益3倍なるか!?

以下の記事でリピート系注文における両建て・異通貨両建てについて考えてみたところだが、今日は更に応用を考えてみたい。 三通貨での「三すくみ」だ。 ※三すくみ:いわゆるジャンケンの関係。 利益2倍?リピー ...

両建てリピートのマイナススワップは現実的?どの程度のダメージかを計算!

先日の記事で両建てリピートについて触れたところだが、そこでデメリットとして挙げたマイナススワップポイント問題。 マイナススワップなのは分かったが、果たしてどのくらいのマイナスになるのか? かなり仮定を ...

両建てリピートのスワップサヤ取り!応用その2?「異通貨両建て」はどうなの?

以下リピート系注文における両建てについての記事において、両建てリピートのデメリットとして『スワップの期待値がマイナス』であることを述べた。 両建てリピートを効率的に!応用その1「ずらし」 さて、このス ...

両建てリピートを効率的に!応用その1「レンジずらし」

以下の記事で両建てリピート注文について触れたが、今日はその応用編。買い注文と売り注文をずらした設定について。 利益2倍?リピート系注文における両建てのメリットデメリット。 上手く扱えば両建てリピートに ...

利益2倍?リピート系注文における両建てのメリットデメリット。

以下の記事でリピート系注文をする上では買いか売りかを決めると述べた。 始めるには何を決めればいいの?リピート系注文における設定項目。 しかし、実はもう一つ『両方』という選択がある。そう、両建てだ。買い ...

始めるには何を決めればいいの?リピート系注文における設定項目。

リピート系注文をする場合、証券会社によって若干設定が違うが、概ね以下の項目を決める必要がある。 ・通貨ペア ・買いか売りか ・Lot(運用通貨単位、口数) ・想定レンジ幅 ・注文間隔(仕掛け幅、リピー ...

5年?10年?リピート系注文の想定レンジ幅はどのくらい見積もるべき?

先日のポンド円についての記事ではざっくり過去20年の値幅に基いた計算を行ったが、さて実際の運用においてはどの程度の期間を考慮してレンジを設定すべきなのだろうか。 ボラティリティNo.1通貨ポンドは果た ...

ボラティリティNo.1通貨ポンドは果たしてリピート系注文に向いているのか?

先の記事でリピート系注文における通貨ペア選びについて『超長期でレンジを形成していて、かつ値動きが激しい通貨ペアが好ましい』という旨のことを書いた。 リピート系注文に向いた通貨ペアとは?5つのポイント! ...

リピート系注文に向いた通貨ペアとは?5つのポイント!

リピート系注文をするなら、どの通貨ペアが良いのか。ドル?ユーロ?南アランド?買い?売り? 感覚で始めて、逆行して含み損が爆発・・・・なんてことになると目も当てられない。 リピート系注文は長期的な保有を ...

必要資金はいくら?リピート系注文における下落幅と含み損の早見表。

さて、前回記事『含み損は怖くない!リピート系注文における損失管理について。』でリピート系注文の含み損は下落幅に対して加速度的に増加していくよ、という旨のことを書いた。 そこでは倍々ゲーム的イメージを持 ...

含み損は怖くない!リピート系注文における資金管理・必要資金について。

リピート系注文は一定の間隔に買い(売り)注文を張り巡らせ、相場が上下することで自動的に注文→決済を繰り返して利益を積み重ねるもの。 よって、想定する幅(例えば、ドル100円~120円とか。)の中で上下 ...

リピート系注文とは何ぞや?感情と時間からの解放、『半自動』の魅力。

僕がスワップポイントやシストレ24フルオートなど、放置系トレードを行う理由は極めてシンプルで、『技術的、心理的、時間的』拘束を受けないという点に尽きる。 自分には絶望的に裁量トレードのセンスが無いと思 ...

© 2021 ゼンマイ仕掛けの理想郷